Assistant Work
2019.03.29
【アシスタント座談会】1年目を終え、新たな1年に目指すもの

第24回は、同期アシスタント4名による座談会。

美容師を目指してH.companyに入社し、ちょうど1年目を終えた4名。

スタイリストを目指して日々奮闘する彼らに、数あるサロンの中から今のサロンに入社した経緯や、H.companyで働く日々について聞きました。

そんな彼ら彼女らが、次の1年に目指すものとは。

 

(写真左より)ACE 松浦 / LIBERTÉ 長洲 / roijir 小川 / ROJITHA 道口

―これから本格的な就職活動のシーズンになりますが、みなさんの時はサロン見学はどれくらい行かれたんですか?
 
道口:2社です。
松浦:僕は結構行きましたね、6社かな。
長洲:わたしは4社です。
小川:わたしも4社。
道口:みんな多いね‥(笑)
 
―気になるサロンは、全部見に行くという感じですか?
 
長洲:そうですね。施術をしてもらいに行って、気になったところに改めて電話をかけてサロン見学に行っていました。
 
―松浦さんの6社って多い方ですよね?その中からH.companyに入ろうと思った決め手は何ですか?
 
松浦:僕は多分行きすぎですね…(笑)H[eitf]の阿部(達哉)さんに憧れて、ずっと髪の毛を切ってもらっていたのでそれが決め手ですね。最初はH[eitf]の面接に落ちてしまって他のサロンを受けていたんですけど、その時にACEのスタッフさんから再募集の話を聞いて受けたっていう経緯です。
 
―阿部さんのどういうところに憧れたんですか?
 

 
松浦:めちゃくちゃ努力家なところですね。1年半で最年少デビューして、いまトップスタイリストになったって話を聞いてかっこいいなと。そういうストーリーを聞けると自分も頑張れば…って働くイメージが持ちやすいなと思いました。
 
―道口さんは先生や知人からH.companyをお勧めされたと。
 
道口:就職活動していて、正直あまりいいところがないなと思っていたんです。そんな中でROJITHAは先輩たちのスタイルがバラバラで、尊重しあっている雰囲気がいいなと思いました。実は僕もROJITHAを一回落ちていて、最初は他の会社のサロンにいたんですけど、その後にお声掛けいただいて入社しました。
 
―長洲さんも先輩の勧めもありつつ、4社見学に行っているんですね。
 
長洲:先輩からLIBERTÉの話を聞いて、その後サロン見学に行って決めました。接客の雰囲気がとてもいいなと思って。
 
―入ってみてどうですか?
 
長洲:お客さんとして行った時の印象と変わらず、雰囲気のいいサロンです。スタッフ同士でのご飯とか交流が多くて、そういうのが好きなので、楽しいですね。
 
―小川さんはどうしてroijirに?
 
小川:サロンのインテリアとかスタッフさんの雰囲気が素敵だなと思って応募しました。接客の仕方とか技術とか、一人ひとりのスタイリストさんが違う部分で尊敬できるので、色々なことが学べて楽しいです。
 
―働く前と後でギャップとかはなかったですか?
 
道口:前に居たお店よりもかなり多くのお客様がいらっしゃるのには、びっくりしました。
 
―ROJITHAさんはどれくらいのお客さんがいらっしゃるんですか?
 
道口:一番混む時で、予約が1日100件くらいですね。
 
―100件!休憩時間はありますか?
 
道口:営業が始まったら、あまり取れないですね。営業開始時間がお昼前なので、始まる前にご飯を食べてって感じです。最初はびっくりしましたけど、1年経つと慣れますね。暇すぎても時間全然進まないので…。
 
―ちなみに皆さん、毎日の睡眠時間ってどれくらい取れているんですか?
 
道口:僕、結構遊びに行ってしまうんですよね。何もなければ5時間くらいで、遊びに行ったら寝る時間が短い日もあります。
 
―リフレッシュの時間は大切ですもんね。
 

 
長洲:わたしもカラオケが好きで、営業後に遊びに行くことも多いです。LIIBERTEは平日の営業開始時間が遅いので、6-7時間の睡眠時間は取れています。
 
小川:わたしはあまり遊びに行かないので、結構眠れている方かも。土日は20時に仕事終わって何もなければ22時くらいには家につきますし、8時間くらいは寝てるかなぁ。
 
―この1年を振り返って、大きな失敗はありましたか?
 
松浦:お客様のお名前を呼び間違えてしまったことですね。自分だけ状況がわからなくて。気まずい空気になった時は、どうしようって。スタイリストの方がツッコんで笑いに変えてくれたおかげで、かなり助けてもらいました。
 
―道口さんと長洲さんは、シャンプー中にお客様のことを濡らしてしまったことがあると…。
 
道口:入社2~3日目くらいの時ですね。シャンプーの後にお洋服を濡らしてしまったことに気がついて。急いでスタイリストに相談に行って、一緒に乾かしてもらったことがあります。
 
―それは怒られたりしないんですか?
 
道口:怒られるというより、注意を受けました。どうしようって余裕がなくなっちゃって、ちゃんとお客様に謝れていなかったことを「なんでああいう態度になっちゃったの?」って。
 
―なるほど、失敗したこと自体というよりは、その後の対応についてっていうことですね。
 
道口:もうその後同じ失敗はしないです。
 
―長洲さんは?
 
長洲:わたしもシャンプーの技術が受かってすぐの頃にお客様の襟元を濡らしてしまって。「次から気をつけてね」ってその時にすぐ指摘してくださるっていう感じですね。
 
小川:みんなの話聞いていて、わたし結構失敗しているなって思いました…。襟濡らしちゃったこともあるし、ロングヘアの方のシャンプーの時に髪の毛にダマができてしまって、解けずに30分くらいシャンプー台で「どうしよう…!」ってなったことがあります。
 
―30分!
 
小川:とかしているつもりなのに、どんどん絡んじゃって。スタイリストさんにそれを言えなくて、でも流石に無理だってなってようやく伝えました。常連のお客様で、「短くカットしてもいいよ」と言ってくださったんですけど、スタイリストさんが丁寧に解いてくれて。あの日のことは二度と忘れません。
 
―その時はどんな指導を受けたんですか?
 
小川:「何かあったら早めに言ってね」ということと、こういう場合にどうやって解くかっていう技術的なことですね。お客様への対応だったり、次はどうするのかっていうことを指摘されることが多いです。
 
―ここだけの話、お店に対しての不満はありますか?
 
小川:朝練習が終わって営業開始までの時間が短いなと。身支度やご飯を食べる時間で、練習が推したりするとちょっとバタバタしてしまうので。
 
長洲:わたしはお休みがもうちょっと欲しいなというのが、正直ありますね。働くのは楽しいので、サロンに行くのは好きなんですけど。2年目から長期休みが取れるのでそれも楽しみです!
 
松浦:ACEは金曜の閉店時間が遅く土曜日は開店が早いので、そこが少しキツイなと思いますけど、それくらいかな…?
 

 
道口:僕はファッションに関することかなぁ。トップスタイリスト以外はデニムが着用出来なかったり、Tシャツ1枚やスニーカーがだめだったりするので。
 
小川:女の子もスニーカーはNGなので、働き始めの頃は革靴に慣れないなとは思っていましたね。
 
―美容師さんは最初の1年が一番つらいという方が多いとお伺いしたんですけど、それを乗り越えて来年の目標をお伺いできますか?
 
道口:この1年は覚えることが多かったんですけど、2年目は後輩も入ってきます。自分が覚えるだけじゃなくて、教えられるような技術を得ていきたいですね。そして、新しいスタイルを作れる美容師になります!
 
松浦:入社の時から変わらない目標なんですけど、2年目中にデビューするのが目標です。
 
―憧れの阿部さんを目指すということですね?
 
松浦:そうですね。ACEは技術にこだわるサロンなので、シャンプーに受かるのも同期よりも遅かったんですけど、なんとか追いつこうとがむしゃらな一年でした。今年は『できるようになる』ではなく『上手くなる』ために、しっかり練習していきたいです。
 

 
小川:H.companyは営業中にモデルさんの施術ができて、人数や売り上げのノルマがあるんですね。これまではとにかく人数を達成しなきゃって頑張っていたんですけど、2年目はその後にリピーターになってもらえるかということまで考えられるようにしていきたいです。
 
―技術だけではなく、お客様に満足してもらえるようにということですね。
 
小川:もうすぐデビューする小野さんが、そういう風に仕事をしていてすごいなって思ったので。4月からは後輩も入ってくるので、後輩を引っ張っていきつつ、なおかつ目標にしてもらえるようになれたらいいなって思っています。あとは、撮影でのメイクを頑張っていきたいです。
 
長洲:わたしもアシスタントの先輩たちが4月にデビューを控えていて、後輩もできる予定なので、小川さんと同じようにアシスタントで一番上になるんですよね。後輩を引っ張っていけるように、そしてわたし自身もお客様に信頼される美容師を目指して頑張ります。
 

写真左から

Profile|
松浦 睦樹ACE / Assistant

instagram : @m.m_0416

Profile|
長洲 柚香LIBERTÉ / Assistant

instagram : @yuzuukaaa26

Profile|
小川 千波roijir / Assistant

instagram : @china_love7510

Profile|
道口 凜哉ROJITHA / Assistant

instagram : @mic.rin_

Profile|
Assistant Work
2019.03.29
【アシスタント座談会】1年目を終え、新たな1年に目指すもの

第24回は、同期アシスタント4名による座談会。

美容師を目指してH.companyに入社し、ちょうど1年目を終えた4名。

スタイリストを目指して日々奮闘する彼らに、数あるサロンの中から今のサロンに入社した経緯や、H.companyで働く日々について聞きました。

そんな彼ら彼女らが、次の1年に目指すものとは。

 

(写真左より)ACE 松浦 / LIBERTÉ 長洲 / roijir 小川 / ROJITHA 道口

Assistant Work
2019.01.18
入社3ヶ月、原宿本店 H[eitf] で過ごす毎日

第23回目はH[eitf]の箕浦 黎也をピックアップ。

H.companyの本店H[eitf]に入社してまだ3ヶ月、最初は不安だらけだったという彼は、毎日どのように過ごしているのか。

Assistant Work
2018.11.23
新しいサロンで働く不安が安心に変わった理由

第22回目はAimeeの松崎 樂飛をピックアップ。

東京・町田のAimeeに、立ち上げから関わっている彼。

最初は不安だったという彼の日常は、どのように安心に変わったのか。

Assistant Work
2018.10.19
アシスタントながら、多くの撮影に抜擢されるメイク担当

21回目CieL佐川茉里奈をピックアップ

美容への関心が深く、ファッションやヘアとのトータル提案ができる美容師を選んだという彼女。

休みの日には古着屋回りや映画鑑賞、カフェに行ってリフレッシュすることが多いという日常とは。

Assistant Work
2018.09.21
仕事中もプライベートも楽しみがあるH.companyの働き方

20回目Taylor山崎をピックアップ

お客様の要望に応えるため、さまざまなものに触れながら感性を磨いているという彼

デビューに向けて、積極的に練習を重ねる日常とは。

Assistant Work
2018.08.17
好きを仕事に活かせる大好きなサロン

19回目roijir小野優をピックアップ

美容師である母の影響で、同じ職を目指という彼女。

roijirで働けて毎日楽しい!と話す彼女日常とは。