Assistant Work
2019.07.19
人気スタイリスト、新人時代のしくじり白書

H.company 指名売上ランキングで上位にランクインする人気スタイリストたち。

しかし、最初から何でもできたというわけではなく、これまで多くの失敗や反省を繰り返してきました。

今回はAssistant Work 番外編として、今だから話せる新人時代の“しくじり話”について聞いていきます。

ショートスタイルが得意な理由

 

 

 

美容師免許を取得後、フランス・イタリアでの修行を経て帰国。
roijirの副店長を務めたのち、銀座にLIBERTÉをオープンしました。
得意なスタイルはショートスタイル。
「3言語あれば一つのハサミで普通の3倍人を幸せにできる」と信じ、トリリンガルになるために猛勉強をした経歴を持っています。

 

 

H.companyに入社してすぐ、大学卒業式を控えた幼馴染をショートスタイルにした時の話です。
納得のいくスタイルが作れず、小玉社長に直々にお願いをして代わりに切ってもらったことがありました。
幼馴染が満足そうな顔に変わっていく姿を、横で見ていることしかできませんでした。
すぐにウィッグを40体用意して、同じショートカットを作れるようになるまで猛練習。
「目隠しをしながらでも髪を切れるようになれば、僕は最高の技術を手に入れることができる」
そう信じて、自分を極限まで追い込みました。
指を何回も切りましたが、それでもあの時の悔しさに比べたら全然痛くなかったんですよね。
3年後幼馴染が再来店してくれて自分の切るショートスタイルに満足してくれた時、涙が出ました。
今自分が一番得意な技術を「ショートスタイル」と言い切る理由は、ただ得意だからではないんです。
その時の想いと努力、幼馴染と小玉さんから得た特別なヒストリーを持つ、僕にしかない世界にただ一つの最高の技術だからです!

 

 

渡辺広貴 / LIBERTÉ / COO / 勤続年数 10年 / 1986年生まれ / 早稲田美容専門学校卒
予約はこちら

 

 

 

感じ取る力とプロとしての提案

 

 

 

シザーカットとレザーカットを掛け合わせたショートスタイルやメンズカットが得意です。
自然の中にいることが大好きなので、休日は海に出かけることが多いですね。
趣味は愛車の手入れやカスタマイズに時間とお金をかけること、最近は新たな趣味としてDIYに夢中になりそうな予感です!

 

 

Jr.スタイリスト時代、渾身の力をこめて作ったスタイルをお見せしたらお客様が泣いてしまったことがありました。
「自分の中で完璧に作ったつもりなのに、なぜ?」と思ったのですが、そのお客様からすると長さや質感がイメージと違っていた様子。
その時の先輩に言われたのは、「自分の感性がお客様の感性ではないし、人によって重視するところは違う!」ということ。
スタイルブックにあるスタイルをそのまま完璧につくることだけがお客様の満足度を上げることではない、ということを学びました。
お客様が何を求めているのかをいち早く察知して、細部まで共有し合うことが大事。
それは技術面だけでなく、接客やサービスにも共通することなのだと思うようにもなりました。
お客様のちょっとした変化に気付ける・空気を感じとれる、僕はそんな美容師でありたいと今でも思います。
だからと言って受身の姿勢だけではなく、プロとしての意識や提案力も忘れずに。
これからもたくさんの人を、綺麗にしていきたいと思います。

 

 

富永潤一 / Taylor / Top Hair Designer / 勤続年数 4年 / 1982年生まれ / ハリウッド美容専門学校卒
予約はこちら

 

 

 

お客様一人ひとりへの想像力

 

 

 

ショートスタイルを得意とし、特に顔周りのデザインにはこだわりがあります。
お洒落がとにかく好きなので、メイクやファッションを掛け合わせたトータルでのヘアースタイルを提案します。
趣味は旅行で、今年はポルトガルに行きました。
運動も好きで、ヨガのほかに、最近はジムにも通い始めました。

 

 

白髪染めをご希望のお客様へのカウンセリングの時の話です。
いつも通りの声でハキハキとお話をしていたら、施術は最後までしたものの怒って帰ってしまわれました。
後から気が付いたのですが、そのお客様は「白髪」というフレーズをあまり使って欲しくなかったんですよね。
元気でハツラツとお客様に対応することが自分のスタイルだと思っていたので、申し訳ないことをしてしまったなと反省しました。
日々お店にいらっしゃるお客様には、様々な状況の方がいます。
初めてお会いするお客様は特に、どのような方でどのような対応が心地よいのかを見極めて、声のトーンや話し方を変えることが大切だなと思うようになりました。
いつも来てくださる方やスタッフなど知っている方にとっても同じ。
その日によって気分は違うものですから、相手を思いやる気持ちは常に持っていなければということを学びました。
そうしていくことで、沢山のお客様に指示されるスタイリストになれるのではないかなと思っています。

 

 

千葉愛子 / LuTa by siesta&LiCO / STYLIST / 勤続年数 9年 / 1984年生まれ / 日本美容専門学校卒
予約はこちら

 

 

 

● H.company BRAND BOOK 各サロンにて配布中! ●

 

 

H.companyのBRAND BOOKが今年も完成いたしました!
各サロンにて、配布をしております!
ご希望の方はお近くのサロンへ、お問い合わせください。

Profile|
Assistant Work
2019.12.06
【特別版・後編】2020年新卒入社予定 奥瀬一磨が、H.companyを選んだ理由

第30回目は特別版後編!

現役の美容学生、2020年4月より表参道のroijirに入社予定の奥瀬 一磨をピックアップ。

数ある美容院の中から、なぜroijirに就職しようと決めたのか?

学生生活も残りわずか、入社前の彼にインタビューしました!

Assistant Work
2019.11.29
【特別版・前編】2020年4月入社予定の美容学生 奥瀬一磨のシャンプー練習に密着!

第29回目は特別版!

現役の美容学生、2020年4月より表参道のroijirに入社予定の奥瀬 一磨をピックアップ。

学生生活と両立しながら、社会人デビューに向けて少し早いスタートを切れるH.company。

そのシャンプー練習に密着しました。

Assistant Work
2019.10.11
技術とセンスを追い求め、人気美容師を目指す道

第28回目はROJITHAの内海 永遠をピックアップ。

「東京でかっこいい美容師になること」を夢見て今年H.companyに入社したのだそう。

人と話すことが得意だという彼の日常とは。

Assistant Work
2019.09.06
お客さんから従業員へ。改めて気がついたACEの魅力

第27回目はACEの熊谷 真里子をピックアップ。元はACEに通うお客様だったという彼女。

「大好きなお店で美容師として働けることが嬉しい!」そう話す彼女の日常とは。

Assistant Work
2019.07.19
人気スタイリスト、新人時代のしくじり白書

H.company 指名売上ランキングで上位にランクインする人気スタイリストたち。

しかし、最初から何でもできたというわけではなく、これまで多くの失敗や反省を繰り返してきました。

今回はAssistant Work 番外編として、今だから話せる新人時代の“しくじり話”について聞いていきます。

Assistant Work
2019.06.21
「人を綺麗にしたい」無限の可能性を信じ練習に励む毎日

第26回目はmighty by Hの足立 武巳をピックアップ。

綺麗なものが好き、人を美しくしたい、とにかく美容が好きだと話す彼の日常とは。