Assistant Work
2019.12.06
【特別版・後編】2020年新卒入社予定 奥瀬一磨が、H.companyを選んだ理由
奥瀬 一磨 roijir / 2020新卒入社予定

第30回目は特別版後編!

現役の美容学生、2020年4月より表参道のroijirに入社予定の奥瀬 一磨をピックアップ。

数ある美容院の中から、なぜroijirに就職しようと決めたのか?

学生生活も残りわずか、入社前の彼にインタビューしました!


 
―入社前にもかかわらず、インタビューを受けていただきありがとうございます! 早速ですが、奥瀬さんが美容師を目指そうと思ったきっかけをお伺いできますか?
 
奥瀬:初めて訪れた美容院での感動が、忘れられなかったからです。小学生の頃は近所の床屋で髪を切ってもらっていたのですが、両親が美容院にいくのをうらやましく思っていました。中学生になり「僕も行きたい」とお願いをして連れていってもらったさきで出会った美容師さんがいまだに印象に残っていて、「髪を切る」ことのイメージを大きく変えてくれた人ですね。
 
―床屋と美容院で、そんなに違いがあったんですか。
 
奥瀬:きめ細やかなカウンセリングやサービスを受けて「こんなに違うのか!」と驚きました。それまでは言葉の通り「髪を切るだけ」で、何をオーダーをしてもいつも同じような仕上がりになっていたんですよね。そして何より、楽しそうに仕事をしている雰囲気に、すごく憧れました。
 

 
―いざ美容専門学生になり、学生時代はどのように過ごしましたか?
 
奥瀬:憧れや好きだという気持ちを持って入学しましたが、それだけではダメなんだなと痛感した学生時代でした。ただ授業に出ているだけではだめで、学科も実技もどんどん自分から吸収していかなきゃいけない。親は反対しながらも僕を専門学校に通わせてくれたので、ノロノロやっていちゃだめなんだって思いました。
 
―ご両親は反対していらしたんですか?
 
奥瀬:美容師は大変そうだというイメージを持っていたのだと思います。「他の仕事も見てみたら?」と、ずっと言われていました。1年生の前期試験の時に、5教科中4教科落としてしまって、親呼び出しでの三者面談になってしまったんです。高校生の気持ちが抜けていなかったなと気持ちを入れ替えて、授業とは別で自主参加ができる朝練・放課後練に毎日通うようになりました。できるようになると楽しくなってくるんですよね。そこからは、基礎を学びながら自分が好きなスタイル作りにも挑戦できるようになっていきました。
 

 
―就職活動の時期をむかえ、奥瀬さんはなぜroijirを受けようと思ったんですか?
 
奥瀬:東京で働くことは決めていて、専門1年生の頃から都内のサロンをいろいろと調べていたんです。なかなか好きなところが見つからない中、インテリアの写真を見て惹かれたのがroijir( https://beauty.hotpepper.jp/slnH000139623/ )。すぐに予約して髪を切りに来たのですが、「ただ、すげぇ」って感動してしまって。
 
その時に担当してくださったのがスタイリストの難波さん( https://beauty.hotpepper.jp/slnH000139623/stylist/T000150155/ )でした。僕は仲良くならないと壁を作ってしまいがちな性格だと思っていたのですが、難波さんと話しているうちと、その感覚が不思議となくなっていくのを感じたんですよね。
 
美容学生ということも知ってくれていたので、就職先の悩みにもすごく親身になってくれて、嬉しかったんです。お客さんとして過ごす中で感じたroijirのスタッフ同士の仲の良さも魅力的だったので、このサロンで働きたいと思いました。受けたのはこの一社だけだったので、合格の連絡をもらえた時は、めちゃめちゃ嬉しかったです!
 

 
―夏に合格通知を受けて、今はシャンプーの練習に来ていらっしゃるんですよね?
 
奥瀬:そうですね。まだ学校もあるので、週1〜2回シャンプーの練習に来ています。これまで学校で学んできたこととはまた少し違う、roijirのシャンプーを学んでいるところです。毛量や髪質などによってお客様ごとにシャンプーの仕方は変わってきますし、細かな気配りなどを練習を重ねながら、教えてもらっています。
 
―これから、どんな美容師になっていきたいですか?
 
奥瀬:「この人の雰囲気、なんかいいな」と感じてもらえるような美容師になりたいです。お客様が緊張せず過ごしてもらえるような接客をしたい。僕自身、人に壁を作ってしまいがちなので、同じような方でも気軽に来てもらえるようになりたいですね。
 
シャンプーの練習一つとっても、やればやるほどたくさんのアドバイスをいただいて、改善点は増えていくばかりです。奥が深い。一つひとつ身につけて行けるようにたくさん練習して、上手くなっていきたいです。
 

Profile|
奥瀬 一磨
roijir / 2020新卒入社予定

1999年生まれ / 神奈川県出身 / 町田美容専門学校卒業予定
Instagram : @kzystyle_

Assistant Work
2020.08.03
入社1年4ヶ月の速さでスタイリストチャレンジに辿りついた理由【Lien 林 風子】

第41回目は立川 Lienの林 風子をピックアップ。

アシスタント目線で語る「H.company」とは?「Lien」とは?

目指す美容師像に向けて、日々挑戦を続ける注目のアシスタントをご紹介します。

Assistant Work
2020.07.27
「“私”を選んでもらう」そんな美容師になるために【ROJITHA 藤本 奈生】

第40回目は原宿 ROJITHAの藤本 奈生をピックアップ。

アシスタント目線で語る「H.company」とは? 「ROJITHA」とは?

目指す美容師像に向けて、日々挑戦を続ける注目のアシスタントをご紹介します。

Assistant Work
2020.05.08
STYLIST DEBUT CHALLENGE【後編】LuTa by siesta&LiCO 村松 美穂

H.companyで働くアシスタントにフォーカスするAssistant Work。

第39回は、デビューに向けた最終試験、スタイリストデビューチャレンジについてご紹介します。

ピックアップするのは、LuTa by siesta&LiCOの村松 美穂。

3年間で学んだ技術をもって挑むこのチャレンジ。

目標と振り返り、そしてまた次週への目標をと繰り返しながら、一週ごとに追っていきます。(2020年3月からスタート)

Assistant Work
2020.05.01
STYLIST DEBUT CHALLENGE【前編】LuTa by siesta&LiCO 村松 美穂

H.companyで働くアシスタントにフォーカスするAssistant Work。

第38回は、デビューに向けた最終試験、スタイリストデビューチャレンジについてご紹介します。

ピックアップするのは、LuTa by siesta&LiCOの村松 美穂。

3年間で学んだ技術をもって挑むこのチャレンジ。

目標と振り返り、そしてまた次週への目標をと繰り返しながら、一週ごとに追っていきます。(2020年3月からスタート)

Assistant Work
2020.04.03
【H.companyを選んだ理由】#03 Ameri 久保田 楓

第37回目はAmeriの久保田 楓をピックアップ。

H.companyに入社して1年目。

とにかく美容に関することが大好きな美容オタクだという彼女。

プライベートでは化粧品を集めたり、Instagramの美容アカウントを見て実践してみることが好きなのだそう。

ファッションも好きで休日には買い物をしてリフレッシュするという彼女は、なぜH.companyを選んだのでしょうか?

Assistant Work
2020.03.19
【H.companyを選んだ理由】#02 Taylor 星 佳黎

第36回目はTaylorの星 佳黎(ほし・かれん)をピックアップ。

H.companyに入社して1年目。

練習と共にInstagramの運用も頑張っているという彼女は、その効果のおかげで来店するお客様が増え、友達から「カラーをして!」とお願いされる事も増えたのだそう。

仕事が楽しくて仕方がないという彼女は、なぜH.companyを選んだのでしょうか?