Why "H"
信頼される美容師でありたい、その為に大切にしていること
山本 真由 H for siesta / Stylist
2017.06.16

前サロンでの3年のアシスタント期間を経てH.companyに入社、スタイリストデビューする。

技術に対する探究心が強く、特にカラーを得意とする。

「個性を尊重してくれるサロン」は、意外と、ない。

多くのサロンにはブランドイメージがあり、そこに勤める美容師は「そのサロンっぽさ」を求められることが多い。
原宿の前サロンで3年のアシスタント期間を過ごした彼女は、そこに違和感を感じていた。
美容師としてこうでなければいけないという縛り。
その後H.companyに転職した彼女は、個性を尊重してくれる、自由にのびのびと働けるサロンとは、こういう場所だと知った。

 

 

中途入社した経緯には、前サロンでお世話になった2人の先輩の存在があった。
すでにH for siestaに転職していた2人に声をかけてもらったのが6年前。
原宿から吉祥寺へ。
気さくで、のんびりした方が多いというこの街で、お客様一人一人に合わせた接客を心掛けながら、日々のサロンワークに勤しむ。
「毎月来てくれるお客様でも、今月は少し疲れてるな、とか、なんとなくわかるんです。こういう人と決めつけないで、その時のテンションや気分に自分も合わせながら、接しています。」

 

 

休日を一緒に過ごすことも多いほど、スタッフ間の仲が良い。
サロンでは育てる立場でもある彼女は、後輩の育て方をどうしているのか。
「レッスン中は、厳しくしますよ。仕事として、美容師としてちゃんと出来なきゃいけないので。でも技術に関して、怒ることはないですね。怒ったところですぐ出来るようになるわけじゃない。出来ないことはしっかりレッスンして、出来るようにすればいいだけですから。ただ、接客に関しては怒ります。すぐに改善できることだから。」
仲は良くても、美容師として一人前になってもらうためのメリハリはしっかりつける。
自分もそうしてもらってきたから、と話してくれた。

 

もの作りに没頭する時間が好きだった。

 

 

小学2年生の時には、美容師になろうと決めていた。
もともと友達にヘアメイクをしてあげることが好きで、イベントごとがあれば率先してやっていたという。
夏祭りで浴衣を着るとなれば、着付けも習得。
「親に教わったり、本を読んだり。なんとか勉強して出来るようにしていましたね。」
ファッションも好きな彼女は、リメイクにも夢中になった。
切って縫って、洋服を生まれ変わらせたり、デニムを裂いて、自分の好きなものを作りあげていく。
「色々研究して、成果が出るのが楽しいんですよね。集中して、黙々と打ち込む時間が好きなんです。」

 

 

もちろん美容師としての仕事にもその性格は生かされている。
自身が一番得意とし、好きだと語るカラーの施術。
「すごく奥が深いんですよ。何千種類という配合があって、やり方によってパターンがたくさんある。これ混ぜたらこうなるんだなとか、10年やってもまだ新しい発見があるんです。一番好きですね。」
最近の休日は何をしたのかと聞けば、後輩と一緒に家具のDIYやドライフラワー作りを楽んだという。
とことん、物作りが好きなタイプなのだ。

 

いっぱいの予約表を見た、あの瞬間。

 

 

美容師の仕事の楽しさは、多くの人との関わりにあると話す。
髪の毛を切りに沢山の人が会いにきてくれる。
会話をしながら、刺激をもらえる。
朝出勤して、予約表がいっぱいになっているのを見る度に、美容師になってよかったと感じる。
「原宿のアシスタント時代からずっと担当させてもらっているお客様もいるんです。場所だって遠いし、スタイリストになったら値段も全然違うのに。ありがたいですよね。」
お任せします、と言われることが、信頼されたようで何より嬉しいという。

 

「ハッピーでいたいんです。1日は1日で割り切って、ポジティブに過ごせるように。」
そう語る彼女は、“楽しいのに不思議と落ち着く人”、そんな印象だった。
その場がパッと明るくなるようなオーラと、話す相手に合わせた接し方。
その魅力が、多くのお客様に選ばれる理由なのだろう。
そんな彼女が、これから求める人材とは?
「ハッピー感の一言に尽きる。技術は一緒に磨き上げていけるから、お店を盛り上げてくれるハッピーオーラのある方を待っています。」

Profile|
山本 真由 H for siesta / Stylist

1986年生まれ / 美容師歴10年 / 東京都出身 / 山野美容専門学校卒

Why "H"
「サロンに行くこと」に価値を生む、レセプションの存在意義

法政大学を卒業後新卒でH.companyに入社。

H[eitf]のレセプションを経てH.companyプレス業務にも従事する。

結婚をに名古屋に拠点を移し一児の母となっ現在MANON by HH[eitf]に所属

持ち前の明るさでお客様とスタイリストの架け橋となるムードメーカー。

2018.10.01
Why "H"
[ Salon Talk ] 3店舗合同でアップデートし続ける技術と絆

[ Why“H”特別編 ]MANON by Hmighty by H、金山MILESは、それぞれの強みを持地域に根ざしたサロンを目指している。

3店舗の店長とレセプションに、系列店がすぐ近くにあることのメリットや日頃の交流を聞きました

2018.09.14
Why "H"
セルフブランディングにも通じる人間力が生み出すもの

都内有名店にて学生時代から美容師・ヘアメイクとしてのキャリアをスタートし、25歳でH.companyに入社。

ROJITHAでの勤務を経て、渋谷Sienaのオープンに携わる。

モデルや業界の顧客を多く持ち、20187月の売り上げランキングでは1を獲得する

2018.09.07
Why "H"
[ Salon Talk ] 家族のような関係を築くスタッフ同士の関わり

[ Why“H”特別編 ] ドイツ語でカモメの意味をもつ“mowen

カモメの持つ同じ港に戻る習性にちなみ、何度でもお客様が戻りたくなる場所を目指しているスタイリストとアシスタント4名に、サロンの魅力を聞きました。

2018.08.10
Why "H"
「諦めなければ叶う」若き人気スタイリストの挑戦

新卒で入社後、吉祥寺LuTa by siesta&LiCOでの勤務を経て池袋LOVELEYのオープンに携わる。

デビュー1年目から全社指名売り上げランキング上位に名前を連ねる、期待の若手スタイリスト。

2018.08.03
Why "H"
[ Salon Talk ] 多くのお客様に支持されるサロンの本質

[ Why“H”特別編 ] 横浜駅にほど近く、アメリカ西海岸を意識したストリート感あふれる内装が特ACE

H.company随一の集客力を誇るサロンで働く3人のスタイリストに、日々の営業との向き合い方を聞きました

2018.07.20